アラサーOLの裏側矯正ブログ♪

歯列矯正の日々。 矯正失敗…?なのか、最近は歯が崩れてきている日々です。 虫歯もできちゃいました。

しゃくれている芸能人は誰?しゃくれていても可愛く見える理由。

   

芸能人の中にはあごがしゃくれている人が多くいます。そしてその中には、きれいだと言われているような女優さんもいます。
 
 
 
一般的には、「しゃくれ」というとマイナスなイメージを抱いてしまいがちなのですが、しゃくれていてもきれいに見える女性がいることも事実です。
 
ここでは、芸能人でしゃくれている女性はなぜきれいに見えるのか?ということについて考えていきます。そして、しゃくれが気になっている場合には、しゃくれは自力で治すことが出来るのか?ということについても書いていきます。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


しゃくれている状態とは?

 
 
まず、「しゃくれ」とはどういう状態かということについてです。
 
 
しゃくれは、あごが前に突出して見えて目立ってしまっている状態をいいます。正面から見るとわかりにくくても、横顔を見たときにあごが前にでて見えてしまうと、しゃくれていると見られてしまいます。
 
このしゃれくれの原因は、あごの筋肉の硬直や骨格の歪みによって生じていることが多いです。生まれつきというよりも、生活習慣の中で持っている癖が原因となって、しゃくれにつながってしまっています。
 
 
しゃくれは「受け口」と混合されることも多いのですが、厳密には異なります。受け口は歯の噛み合わせが原因となっていて、前歯の噛み合わせにおいて、下の歯が前になってしまっている状態のことをいいます。
 
このふたつの症状は、原因が異なるため治療方法も違います。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


しゃくれていても可愛い芸能人。

 
 
芸能人の中には、しゃくれていても可愛い芸能人が多くいます。ドラマにでていて活躍している女優さんでも、よく見るとあごがしゃくれているという人がいます。
 
 
では、なぜ芸能人はしゃくれていても可愛いのか?ということについてですが、美人の条件として「あごも合わせた全体のパーツとのバランスが整っている」ということがあります。
 
また、しゃくれにも度合いがあって、多少しゃくれているからといってそれが気になる程度ではないというのも、しゃくれていても美人に見える人の特長です。正面から見たときにもあごが明らかに前に突出してしまっていて目だってしまっている場合には、「しゃくれ」が特に目立ってしまって、美人には見えなくなってしまいます。
 
 
 
 
 

しゃくれは自力で治すことができる?

そして、しゃくれは自力で治すことができるのか?ということについて考えていきます。
 
しゃくれを自力で治す方法としては、スプーンで治す方法などが紹介されていたりしますが、私は自力で治すのはやめておいたほうが良いと考えています。
 
スプーンを使って治す方法としては、テコの原理を使ってあごに力をかけていくことで、徐々にあごを引っ込ませていく方法です。すぐに効果があるものではないのですが、毎日継続的に続けることで効果が出てくると紹介されています。
 
 
 
 
私は、このスプーンを使って自力であごの形を変えようとする方法は危険だと考えています。
 
その理由としては、てこの原理を使ってあごを押すのであればそのときに他の部分にも力がかかってしまっていて、悪い影響が出てしまう可能性があるからです。例えばスプーンであごを押すときに歯にも力がかかってしまっているのであれば、歯並びが乱れてしまうことも考えられます。
 
 
歯並びを自力で治すことができるのか?という投稿でも記載しましたが、歯に対して自力で力をかけ続けることによって、歯は動くことは動きますが、正しい位置に整えられるかどうかというと、それは無理です。むしろ、素人が変に力をかけてしまうことで、歯並びが乱れてしまって悪化してしまう可能性もあります。
 
しゃくれであれ、歯並びの治療であれ、本気で治療をしたいと思っているのであれば、専門の医師に相談をしてみてもらうのが一番良いと考えています。自分でなんとかしようとしても治療はできませんし、より悪くなってしまうリスクもあります。
 
 
しゃくれや歯並びなどのコンプレックスに悩んでしまっているのであれば、一度専門の医師に相談をしてみてください。
 

 - 矯正開始前