アラサーOLの裏側矯正ブログ♪

歯列矯正の日々。 矯正失敗…?なのか、最近は歯が崩れてきている日々です。 虫歯もできちゃいました。

カラフルで可愛い矯正器具★男性の反応は…?

   

私は歯の裏側に矯正器具をつける「裏側矯正」の治療を受けていました。

いまは、裏側矯正の装置を外しマウスピース矯正に切り替えています。

 

矯正治療を受けるときに考えたこととして、「矯正器具が目立つのは絶対に嫌だ」ということがあり、どの治療を受けるか検討する際にもこの「装置が目立たないこと」が最優先事項でした。

 

そして、費用は高かったですが、装置が目立たない裏側矯正の治療を受けることに決めました。

 

 

ただ、最近になって歯の表側にカラフルな装置をつける矯正治療の存在を知りました。芸能人やモデルさんもこのカラフルな装置を使っている人もいて、ブログなどで話題になっていることから存在を知ったのですが、カラフルな矯正装置も可愛いな、と思います。

 

とはいえ、装置がカラフルな分、おしゃれなのですがとても目立つので、気をつけなければならないことや、賛否両論あるのではないかな?と思います。

ここでは、カラフルな矯正装置について注意すべきだと思うことや、男性の反応は…?ということについて、考えていきたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク


矯正治療をおしゃれに。

 

カラフルな矯正装置については、芸能人やモデルさんが着用している写真を見て、とても可愛いなと思います。

 

選べるカラーも豊富ですし、デザインも多様です。毎月の装置の調整の際に色を変えられることもあり、その時の気分や季節に応じてブラケットのカラーをアレンジすることができます。

矯正治療といえば、ギラギラとした銀色の装置を歯の表面につけるというイメージが強く、絶対に嫌だと思っていたのですが、カラフルな装置であればおしゃれに見えると思うので、いいのではないかと考えています。

 

 

 

スポンサーリンク


大人は注意。

ただ、カラフルな矯正装置が似合う人だけではなく、似合わない人もいると思います。

 

まず、カラフルな装置が似合うかどうかは、普段のファッションに影響を受ける部分だと思っていて、ファッションが派手な感じであればカラフルな装置も似合うと思うのですが、そうでなければ矯正装置だけ目立ってしまって、アンバランスになってしまうこともあるかと思います。

 

また、子供や若い人であればカラフルな装置をつけていても違和感はありませんが、働いている社会人がポップな可愛い矯正装置をつけているのは、すこし違うかなと思います。

社会人であれば、カラフルな装置はスーツには似合わないですし、働く上では装置が目立ちすぎると思います。

 

可愛いものが好きで、矯正装置も可愛くしたいと考える大人の方もいると思いますが、周囲の人からの印象は考慮した方が良いかなと考えています。(あくまでも個人の意見です)

 

 

 

男性の反応は?

 

カラフルな矯正装置に対しては、男性の反応も様々だと思います。

 

女性はカラフルな矯正装置が可愛いと思って装着していても、男性から見ると可愛さは理解できないということも多いです。

全ての男性が否定的というわけではありませんが、ネット上の意見では、 カラフルな矯正装置に対して批判的な意見もありますので、矯正治療で少しでも「男ウケ」という部分を気にするのであれば、気をつけた方が良いかと思います。

 

そもそも、男性は矯正治療に対して否定的に考えている人もいます。自分の彼女に矯正装置がついていたら嫌だとか、そんな意見を言っている人も中にはいます。(もちろん、矯正装置なんて気にならないという男性もいます)

矯正治療を考えているのであれば、好意を持っている男性や彼氏、夫の反応は気になるところだと思います。

 

 

 

子供におすすめしたい。

カラフルで可愛い矯正装置ですので、私は自分の子供に矯正治療を受けさせるのであれば、この装置をおすすめしてあげたいなと思います。

 

裏側矯正の治療をうけてみて、裏側矯正は子供にはつらいところが多いと感じました。

例えば、歯の裏側にに装置がついているので歯磨きがしづらく虫歯になりやすいとか、装置が舌にあたって喋りにくいとか、食事の際に装置が引っかかって痛いとか、裏側矯正では子供にはつらいであろうことがいっぱいあります。

 

表側矯正でも痛みはあると思うのですが、子供にすすめるのであれば表側矯正です。

そして表側矯正で治療を受けるのであれば、子供もすこしでも楽しめるように、カラフルなものにしてあげるのがいいかと考えています。

 

カラフルな矯正装置は、多くの歯科医院で取り扱いがありますので、気になるようであればお問い合わせしてみることをおすすめします。

 - 矯正中の恋愛