アラサーOLの裏側矯正ブログ♪

歯列矯正の日々。 矯正失敗…?なのか、最近は歯が崩れてきている日々です。 虫歯もできちゃいました。

歯並びが悪いと笑顔が汚い!?コンプレックスに悩む人への対処法。

   

自分の歯並びに自信が持てず、笑っているときにも歯が見えてしまうのがこわくて、うまく笑顔になれない、という人もいるのではないでしょうか。
 
 
 
 
私は歯列矯正の治療を受けていますが、治療前や治療の途中は歯並びが乱れてしまっていて、自分の笑顔に自信が持てず、とてもつらい期間を過ごしていました。
 
そのようなつらい時期があったこともあり、歯ならびと笑顔の関係についてより強く意識をするようになっています。
 
 
ここでは、歯並びが乱れてしまっていて自分の笑顔に自信が持てない人に対して、考え方や対処法をお伝えしていきたいと思います。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


歯並びと笑顔の関係。

私はもともと歯並びがあまりきれいとは言えず、自分の歯並びに自信がありませんでした。

 

 

口を大きく開いて笑うことはせず、笑うときにも口元を手で隠しながら笑ってしまっていることもありました。
 
 
そして、矯正治療を始めてからは、治療の途中では歯並びが乱れてしまうこともあり、笑顔になるのが怖くて人と話をするのも嫌だと思っている時期がありました。
 
その時期の歯並びについては、このブログの中でも紹介していますが、特に上の歯の前歯が1本だけ大きく前にでてしまったり、下の歯の前歯が飛び出してしまったりというような歯並びの乱れを経験しています。
 
 
歯並びが乱れてしまっている間は本当につらくて、「周りのみんなが自分の歯を見ておかしいと思っている」「バカにされている」といったような過度な被害妄想をしてしまっている時期もありました。
 
 
自分で意識しているほど他の人は歯並びなんて気にしていないこともあるのかもしれないのですが、一度自分の歯並びを気にし始めてしまうと、意識から離れずにずっと気にしてしまいます。
 
特に矯正治療の中で歯並びが乱れてしまっていた時期には、笑顔になっていてもぎこちなく、心から楽しいと思えることもなく、精神的にもつらい時期を過ごしていました。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


整ってきた歯並び。

そして、矯正治療が進んでいく中で、見た目的な歯並びはだんだん整って見えるようになってきて、笑顔になったときにも歯並びが気にならないようになってきています。
 
 
自分の歯並びに自信が持てるようになり、笑顔になるのが楽しくなってきています。
 
 
今になって、過去の自分を思い返すと、歯並びが悪かった時期には笑顔になっていても自信をもって笑えていなかったので、とてももったいない時間を過ごしていたなと感じています。
 
旅行にいったときの写真なども、ぎこちない笑顔で写ってしまっていたので、せっかくの旅行の思い出が残念な感じになってしまったなと思っています。
 
 
 
 
 

コンプレックスを解消する。

ここまで記述してきたとおり、私は自分の歯並びが悪くて乱れてしまっていた時期には、歯並びに悩んで、コンプレックスだと感じて自信が持てず、つらい時期を過ごしていました。
 
 
 
でも、今になって思うのは、歯並びをコンプレックスに悩み続けてしまうのはとてももったいないことだったなと感じています。
 
 
その時その時をどれだけ楽しめるかどうかは、本人の気持ちによるところがとても大きいと思っています。
 
歯並びをコンプレックスだと感じてしまい、せっかくの笑顔が台無しになってしまうのはとてももったいないです。
 
 
 
そこで、まず自分でできる対処法としては、自分が思っている以上に周りの人は歯並びは気にしていないと思い込むことです。
 
歯並びにばかり意識が集中してしまうと、ずっと気になってしまうと思いますので、できるだけ意識をそらして気にしないようにするのが良いと思っています。歯並びもひとつの個性として考えることができれば良いと思います。
 
 
とはいっても、歯並びがコンプレックスに感じてしまっている状態では、気にしないというのも難しいところもあると思います。その場合には、歯列矯正の治療ができるのであれば、矯正の治療をおすすめしたいです。
 
私は歯列矯正の治療を受けてから自分の歯並びや笑顔に自信が持てるようになっています。そして、過去の自分が過ごしていた時間がもったいないとすら感じています。
 
 
歯列矯正の治療は、治療費が高かったり治療期間が長かったりと大変なことも多いのですが、歯並びが変わることで笑顔に自信が持てるようになるというのはとても大きなことだと思います。
 
このブログの中で治療の費用や期間などは詳しく紹介しているので、参考にしてもらえれば嬉しいです。
 
 
アラサーになってからでも、アラフォーでも、もっと上の年齢でも矯正治療を開始している人は多くいます。
 
歯並びに悩んでいるのであれば、ぜひ参考にして欲しいと思います。
 

 - 矯正開始前