アラサーOLの裏側矯正ブログ♪

歯列矯正の日々。 矯正失敗…?なのか、最近は歯が崩れてきている日々です。 虫歯もできちゃいました。

出っ歯の横顔は可愛くない?横顔が美人に見える条件。

   

自分の歯並びは出っ歯に見えるのではないかと気にしてしまっているのであれば、横顔はどのように見えているのか?というところも気になるポイントだと思います。
 
 
横顔は自分ではなかなか見ることができないので、見た目としてはあまり気にしていない場合もあるかもしれませんが、周囲の人からは意外と見られているものです。
一緒に並んで歩いている時、並んで座って食事をしている時など、横顔を見られているタイミングは結構多いです。
 
ここでは、出っ歯の場合には横顔はどう見えるのか?ということや、横顔が美人に見える条件について考えていきます。
 
 
 
 
スポンサーリンク


出っ歯の横顔はどう見える?

 
 
まず、出っ歯と言われるような歯並びの場合には、横から見た時にはより一層出っ歯の歯並びが目立ってしまっていることがあると思います。
出っ歯といっても様々な歯並びがあるのですが、歯が斜め前に傾いて生えてしまっている場合や、歯ぐき全体が前に出てしまっている場合には、横から見た時にも歯や歯ぐきが目立ってしまいます。
 
特に笑った時に横からでも歯ぐきが見えてしまうこともあり、正面から見た時に気になってしまうのと同様に、横から見た時の出っ歯が気になる人は多いと思います。
また出っ歯の歯並びの場合には、口を閉じた状態の時に口元全体が前に出て見える「口ゴボ」といわれる顔つきになってしまっていることがあります。
 
口ゴボの場合には、横から見た時にも口元全体が前に出てしまっていて、整った横顔には見えないです。
なかなか自分の横顔を自分で見ることはないと思いますが、出っ歯の歯並びになってしまっていることで、横から見た時の見た目への影響も考えられます。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


横顔が美人に見える条件。

 
 
出っ歯の場合の横顔については、口ゴボといわれる顔つきに見えてしまうこともあり、あまり良い印象ではありません。
 
では、横顔が美人に見える条件とはどういうものかというと、人差し指をまっすぐに伸ばして鼻の先からアゴに付けた時に、くちびるが指に軽く触れるぐらいの口元が美しい口元だと言われています。
この人差し指のラインより前に口元が出てしまっている場合には、口元が前に出てしまっていると考えられます。
出っ歯なので横顔が美人に見えないのではないかと悩むのであれば、まず歯並びの改善が可能かどうかを考えることをおすすめします。
 
 
 
 
 

出っ歯の治療。

出っ歯の治療を考える場合には、治療法は歯並びの状態によって異なることがあります。
 
例えば、歯の向きが原因で出っ歯になってしまっている場合には、歯の向きを歯列矯正治療によって整えることにより治療が可能な場合もあります。
また、顔の骨格自体が原因となって出っ歯になってしまっている場合には、歯並びを整えるだけでは治療が難しく、その他の治療法を考える必要があることもあります。
 
治療法は歯並びの状態によって様々ですので、出っ歯が気になっているのであれば、まずは矯正歯科に相談をして見るのが良いと思います。
 
最近では、裏側矯正やマウスピース矯正など、装置が目立たないような治療法もありますので、悩んでいるのであればまずは相談されることをおすすめします。
 

 - 矯正開始前