アラサーOLの裏側矯正ブログ♪

歯列矯正の日々。 矯正失敗…?なのか、最近は歯が崩れてきている日々です。 虫歯もできちゃいました。

これまで効果のあったダイエット方法。

   

ここでは、これまで効果のあったダイエット方法をご紹介します。
 
私は過去に何度かダイエットに挑戦していて、1回目は大学生の時に58Kg⇒53Kgへのマイナス5キロ、2回目は23~24歳の時に58Kg⇒51Kgへのマイナス7キロのダイエットに成功しています。
 
 
矯正の治療を始めてからは、ダイエットと言われるような努力をしなくても勝手に体重が落ちていっていたのですが、最近は油断をしてしまっていて、食べすぎのせいなのかまた太り始めてきています。
 
donut-1136913_1280
 
 
そこで、再びダイエットにチャレンジしようと思っています。
 
どのダイエット方法を実践していこうか、悩んでいるところなので、まずはこれまで実践をした中で効果があったなと思うダイエット方法を列挙していきたいと思います。
 
 
 
スポンサーリンク


食事編

salad-374173_1280
 
 
基本的に私のダイエットは、食事を変えることによって痩せていく方法がメインです。健康的だとは言えないので、リバウンドが起こってしまっているのだと思いますが、食事を変える方が私自身に合っていると思いますし、短期間で目に見える効果がでやすいので、食事法によってダイエットをしています。
 
 
ここで紹介していく方法は、あくまでも私の独断と偏見によって実践している内容です。おそらく健康的には良くないことも含まれると思いますので、試されるかどうかの判断はお任せします。
 
 

レコーディング1日1200Kcalダイエット

card-1137690_1280
 
 
まずは、1日に摂取するカロリーの合計を1200Kcal以下にするという方法です。また、何を食べたかについてはすべて記録していきます。これを2週間ほど続ければ、痩せます。
 
1200Kcalという数字には明確な根拠はないのですが、1日に一般女性が消費するカロリーの合計は約1600-2000Kcalほどだと考えて、単純に摂取カロリー<消費カロリーとなれば、その差分は痩せるだろうという考えです。
 
 
1日の摂取カロリーを1200Kcal以下にするためには、朝食200Kcal、昼食600Kcal、夕食400Kcalを目安にしています。カロリー重視ですが、食事の内容もタンパク質多め、野菜多めを意識し、夜ご飯には炭水化物の摂取を避けるようにします。
 
 

飲むヨーグルト

飲むヨーグルトを食後に飲む、これだけでダイエット効果を実感します。これは、ヨーグルトのおかげでお通じが良くなることで、デトックス効果を感じ、全身の代謝が良くなることで痩せるのだと考えています。
 
食前に飲むヨーグルトを飲むことで、すぐにお腹がいっぱいになる効果があるともいわれていますが、食前ではなく食後に飲みます。食後に飲むことで、ヨーグルトに含まれている乳酸菌がそのまま大腸まで届きやすくなるという効果があります。
 
 

コントレックス

飲むヨーグルトと同じく、デトックスという効果では、コントレックスも効きます。一時期、コントレックスを1日1リットル飲んでいる時期がありましたが、痩せました。
 
コントレックスは硬水といわれるミネラル豊富な水で、飲むとお通じが良くなります。初めは慣れるまで飲みにくいと感じるかもしれませんし、飲みすぎるとお腹を壊してつらいです。慣れてくると普通に飲めるようになりますし、むくみが解消されます。
 
 

炭水化物を減らす

lunch-box-983710_1280
 
 
食事の中では、できるかぎり炭水化物を摂取しないことを意識します。特に夕食では炭水化物は避けた方がダイエット効果はあります。
 
炭水化物がないとお腹が減りやすくなりますが、慣れれば平気になってきます。炭水化物の代わりとしては、豆腐がおなかにたまりやすいのでおすすめです。
 
 

サプリメント

ダイエット中には栄養が偏りがちになりますので、サプリメントも摂取するようにしています。マルチビタミンの錠剤か、ビタミンB2、ビタミンCを摂取するようにしています。
 
一時期、フォースコリーを飲んでいたこともありましたが、下剤のような効果はありましたが、ダイエットの効果はあまり期待できませんでした。
 
 
 
 
スポンサーリンク


運動編

dog-774724_1280
 
 
食事制限がメインのダイエット法となっていますが、運動にも気をつかっています。ただし、ウォーキングやランニングなどの特別な運動をすることはなく、日常的な活動の中に少し体に負荷をかけていくような運動を取り入れていきます。
 
ランニングなどは、いきなり頑張ってしまうと続かないことが多いです。ダイエットは継続することが一番大切なので、少しづつ小さなことでも習慣化していけることが、とても大切です。
 
 

階段を使う

移動の時の駅での移動などは、できる限り階段を使うようにします。
 
 

腹筋・背筋

腹筋を1日10回×3セット続けるだけで、おなか周りが引き締まります。腹筋を鍛える際には、ひねりながら鍛えることで、くびれができるようになります。腹筋をした時には、合わせて背筋も鍛えるようにすると良いです。
 
 

半身浴

body-913908_1280
 
 
ダイエット中に限らず、半身浴に時間をかけています。長い時には1時間や2時間お風呂に入っていることもあります。
 
入浴中には、サボンなどのボディースクラブを使って、全身をマッサージします。スクラブの塩の効果で全身に汗をかくことができ、新陳代謝が向上します。
 
 

マッサージ、ストレッチ

お風呂からでたら、ボディークリームを使ってマッサージをします。肌のキメが整って触り心地のよい肌になるので、おすすめです。
 
 
 
 

まとめ

ここまでご紹介した内容がこれまで私が実践してきて効果があったダイエット法です。
 
思いつくものを列挙したので、他にも思い出した方法については第2弾にてお伝えしていきます。独断と偏見で試しているダイエット法なので、健康的には正しい方法ではないと思います。試される際には、自己責任でお願いしますね。
 
ダイエットは無理をしすぎずに、毎日少しづつでも続けることが大切です。
 
 
以上、今回は歯列矯正とはあまり関係がなくなってしまいましたが、ダイエット法についてのご紹介でした。
 

 - ダイエット