アラサーOLの裏側矯正ブログ♪

歯列矯正の日々。 矯正失敗…?なのか、最近は歯が崩れてきている日々です。 虫歯もできちゃいました。

前歯のゴムかけを10日間続けた効果。

      2016/12/12

最近になって前歯のゴムかけがスタートしています。
 
 
 
 
これまでは奥歯のゴムかけだけだったのですが、前歯の一本だけ向きがおかしくなってきている歯があり、その歯の向きを正すためゴムで力をかけていっています。
 
前歯へのゴムかけは、口を開くと見えてしまう可能性もあるので、正直、人と会うときにはあまりつけたくないです。でも、それでもゴムかけは続けた方が良いと思っているので、頑張ってできるだけ長くゴムをつけるようにしています。
 
 
 
ここでは、10日間のゴムかけでどれだけの効果があるのか?というところについて、写真とともにご紹介します。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


ゴムかけを続けている時間。

 
 
まず1日のうち、だいたいどれくらい続けられているのかについてです。
 

寝ている間

0時から7時までの7時
 

起床後歯磨きをしてから準備をしている間と通勤中

7時から9時までの2時
 

仕事中の時間

9時から19時までの10時間のうち5時
 

仕事後の時間

19時から0時までの間の5時間のうち、外食でなければ4時、外食であれば1時
 
 
これらの時間を合計すると、15時間から19時ほどは平均的にゴムかけを続けられているかなと思います。昼間の仕事の間にもう少し長くかけることができている日はもう少し長いです。
 
 
本来は、1日のうち20時間以上は続けるのが望ましいと言われているのですが、昼間の仕事中の時間はあまりかけ続けることができていないのが残念です。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


ゴムかけの成果。

とはいえ、継続的にゴムかけを続けているので成果は出てきているように思います。
 
前歯のゴムかけを始めた当初の歯の写真と、今の写真の比較をご紹介します。
 
歯の写真があるので閲覧注意です↓

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まずは、ゴムかけ開始当初の写真①。
 
 
これが現在の写真です。
 
 
 
若干…写真で見ると本当にすこーしだけ歯の角度が変わっているように見えます。
 
 
 
 
ゴムかけ開始当初の写真②。
 
 
そしてこれが現在の写真。
 
 
この2枚を見比べるとあまり明確な効果は出ているようには見えないですね…ゴムをかけていることで歯に力がかかっているのは感じているので、歯は動いているはずなのですが、まだ開始10日目なので、目に見える効果は出てきていないです。
 
 
そして、前歯はまだ少し前に出てしまっていて、口を開くと目立つので気になってしまいます。
 
引き続きゴムかけの治療を頑張っていきます。
 

 - 歯の写真