アラサーOLの裏側矯正ブログ♪

歯列矯正の日々。 矯正失敗…?なのか、最近は歯が崩れてきている日々です。 虫歯もできちゃいました。

矯正治療中、ゴムかけのゴムを二重にしてみる。

      2016/12/03

私は裏側矯正で矯正治療を受けていますが、上下の噛みあわせを合わせるためにゴムかけの治療をしています。
 
IMG_4051
 
 
私が受けているゴムかけの治療は、上下の歯にゴムを引っ掛けることで、そのゴムの力を利用して上下の噛みあわせを合わせていく治療です。ゴムはずっとつけ続けているのではなく、食事や歯を磨くときには外して自分で付け替えるということが必要になります。
 
 
私は、できる限りゴムかけを続けようと努力しているのですが、ゴムかけをさぼってしまったり忘れてしまったりで、なかなか続けることができていません。そのため、ゴムかけの治療期間が長引いてしまっていて、結構長らくゴムかけを続けています。
 
 
そこで思いついたのですが、ゴムかけはゴムの力を利用するので、ゴムの力が強ければその分歯が動くのではないかということです。
 
 
pretty-woman-1509956_640
 
 
そして、ゴムの力を強くするためにゴムを二重でかけてみようということを考えました。
 
ここでは、ゴムかけのゴムを二重でかけてみた効果について、ご紹介していきます。ちなみに、ゴムかけのゴムを二重でかけてみるということについては、歯医者さんの承諾を得たものではなく、私が独自に実施していることです。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


ゴムかけのゴムを二重に。

まず、ゴムかけのゴムを二重にするというのはどういう状態か?ということについて、ゴムをかけた状態の私の歯の写真をご紹介します。
 
 
歯の写真があるので閲覧注意です↓
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これが二重にゴムをかけた状態の歯です。
 
img_73951
 
 
 
 
ちなみに、通常の一重のゴムの写真はこちらです。
 
IMG_4390
 
 
単純に二重にかけるとひっかけることができずに外れてしまいますので、クロスしてひっかけています。下の歯についているボタンのような装置が、ゴムを二重でひかっけることができないので、下は1本ずつにひっかけてクロスさせています。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


ゴムを二重にかけた効果は?

ゴムを二重でひっかけている効果についてですが、まだ二重にし始めてからあまり時間が経っていないので明確な効果は見えてきていませんが、感覚としては一重でひっかけているよりも強い力が歯にかかっているのを感じます。
 
 
二重にしているのだから当たり前だと思うかもしれませんが、明らかに歯にかかる力の違いを感じることができています。ゴムをかけた状態で口を開こうとするとゴムに引っ張られて口が開きづらいほどに力がかかっているのを感じます。
 
 
このまま二重でのゴムかけを続けることで、通常よりも速いスピードで歯が動くことが期待できるのではないかと思っています。
 
 
 
 
 

ゴムかけの治療を続ける努力。

ゴムかけの治療は、食事や歯磨きをしている時以外はゴムをかけ続けないといけないのですが、なかなか続けることができていません。特に外出しているときには、食事の後でゴムを付け直すのを忘れてしまいがちで、昼間はなかなかつけることができていません。
 
bw-934485_640
 
 
それでも夜寝ている間だけでもゴムかけを続けようというのは心がけていて、枕元にゴムを置いておくことで寝る前に思い出すことができています。最近では、寝ている間は毎日つけ続けていることができています。
 
 
今回の二重にゴムをかける試みも少し続けていこうと思っています。これで効果が出てくれば嬉しいので、ゴムかけでの噛みあわせの治療の進捗については随時報告していきます。
 
 
【追記】
その後、二重のゴムかけは良くないことを知りました。
詳細についてはこちらに記載しています。
 
 

 - 矯正装置の調整