アラサーOLの裏側矯正ブログ♪

歯列矯正の日々。 矯正失敗…?なのか、最近は歯が崩れてきている日々です。 虫歯もできちゃいました。

口元が出てるのが気になる!歯列矯正で治療できる?

   

口元の印象は顔全体の印象を決める上でとても重要な部分を占めます。口元が出てしまっていると、「口ゴボ、ゴボ口」といわれるような顔つきになり、ゴリラ顔のような印象を与えてしまいます。
 
 
 
 
日本人はもともと口元が前にでてしまっている顔つきの人が多いのですが、口が前に出てしまっている原因には歯並びが関係していることもあります。
 
 
ここでは、口元が出てしまっている顔つきが与える印象と、口元が出てしまっているのは歯列矯正で治療ができるのか?ということについて考えていきます。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


口元が出ている印象は?

 
 
まず、口元が出ている顔つきの印象についてですが、口元が前に出てしまっていることで「ブサイクだ」という印象を与えてしまうことが多いようです。中には下品な顔つきだという人もいます。
 
私自身は、たまに口元が全体的に前に出てしまっている顔つきの人を見かけたときには、いかつくて強め顔つきだなという印象を受けます。
 
 
顔全体のバランスや横顔がきれいにみえる条件として、Eラインといって鼻の頭からアゴまでを一直線で結んだ直線があります。この直線よりも前に口がでてしまっていると、「口ゴボ、ゴボ口」といわれるような顔つきになり、印象はよくありません。
 
 
芸能人でも美人だとかイケメンだといわれている人は、口元がすっきりとしている人が多いです。中には、口元が出てしまっている人でも美人やイケメンといわれている人もいますが、顔のその他のパーツも含めて全体の印象が良かったり、その人のキャラや雰囲気が良く見せているということがあります。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


歯列矯正による治療は可能?

 
 
この口元が出てしまっている状態は、歯列矯正で治療が可能なこともあります。
 
 
症状によって治療の仕方は異なるので、すべての症状で治療が可能というわけではないのですが、歯並びが原因となって口元が前に出てしまっている場合には、治療が可能なケースが多いと思います。
 
歯列矯正によって口元を引っ込める治療をする場合には、抜歯をして治療を進めるがどうかがポイントになります。抜歯をすることで、歯を並べるスペースを作ることができますので、口元を引っ込めることができてスッキリと見せることができるようになります。
 
 
ただし、健康的な歯を抜くことに対して抵抗があったり、矯正歯科によっても抜歯を伴う治療についてはさまざまな治療方針がありますので、いくつかの矯正歯科を回って相談をすることをおすすめします。
 
口元が出てしまっている症状については、中には歯列矯正治療で歯並びを変えるだけでは印象が変わらないこともあります。その場合には、外科手術が必要なこともあります。
 
 
 
 
 

歯列矯正による効果は?

歯列矯正治療によって口元がでてしまっている状態を治療することの効果についてですが、歯を引っ込めることができれば口元を引っ込めることができるので、ある程度の効果は期待できると思います。
 
 
ただし、歯列矯正治療は整形とは違って見た目の美しさだけではなく、健康的な歯並びの良さや嚙み合わせを重視して治療が行われますので、期待していたほどの効果は見られないこともありますので注意は必要です。
 
口元が出てしまっている顔つきは、コンプレックスになってしまって悩んでしまう人もいるかもしれませんが、いくつかの治療法はありますので、まずは矯正歯科の先生に相談されることをおすすめします。
 

 - 矯正開始前