アラサーOLの裏側矯正ブログ♪

歯列矯正の日々。 矯正失敗…?なのか、最近は歯が崩れてきている日々です。 虫歯もできちゃいました。

歯列矯正は老ける?矯正治療による顔の変化。

      2016/07/27

歯列矯正で抜歯をすることにより、顔の印象が変わってしまって、老けてみえてしまうことがあるといわれています。
 
girl-886518_1280
 
 
私自身も、矯正の治療をするにあたっては、この老けて見えてしまうかもしれないという問題は不安に思っていたポイントです。
 
 
ここでは、矯正を始める前と矯正の治療中での顔の変化についてご紹介していきます。
 
 
 
スポンサーリンク


抜歯による影響。

矯正の前後で顔が変わってしまう要因として、まずは抜歯をするかしないか、ということがあります。
 
crying-1315546_1280
 
 
矯正の治療においては、歯を並べるスペースを作るために、抜歯を行うことがあります。
 
抜歯の必要性については、それぞれの患者さんの歯並びによって変わってきますが、抜歯をして歯を後ろに動かすことによって、鼻の下が伸びて見えてしまったり、ほうれい線が目立つようになってしまうこともあるといわれています。
 
出っ歯の治療を行う場合などには、抜歯をして歯を後ろに下げる治療を行いますが、そのことにより少し老けた印象を与えてしまうこともあります。
 
 
 
 
スポンサーリンク


頬がこける。

そして、矯正の治療によって老けて見えてしまう要因のもうひとつは、頬がこけてしまうことがあげられます。
 
girl-388652_1280
 
 
矯正の治療は、歯が痛くて食事の量が減ったり、噛む力が弱くなるのであごの筋肉が衰えてしまうということがあります。
 
 
そのことによって、顔の頬の周りの肉がなくなり頬がこけて見えてしまうようになってしまいます。女性にとっては、小顔になれるということで嬉しいと感じることもあるかもしれませんが、その反面、頬がこけて見えてしまうこともあります。
 
 
私自身も、矯正の治療を始めてから体重が減ったこともあり、頬がこけているとまではいかないのですが、顔周りがすっきりとしてきています。顔周りの変化はわかりやすいので、周囲の人から痩せた?と聞かれることが多くなりました。
 
 
 
 

顔の変化について。

実際の私の顔の変化についてですが、ほうれい線が目立つようになったなど、自分の感覚としては老けてしまったなと感じる部分はあまりないです。
 
体重が減り、顔周りがすっきりしたことにより、小顔効果を実感できていますので、いまのところはマイナスの要素はないと思っています。
 
 
矯正の治療によって、顔つきが変わってしまうというのは、まったくないとは言い切れないと思います。それが、老けてしまったなと思うように変わってしまうこともあるかもしれません。矯正歯科は、健康的な歯並びを目指して治療を行いますが、整形外科ではないので顔がどう変わってしまうかまでは説明がされないこともあります。
 
 
矯正によって顔つきが変わってしまうことに不安がある場合には、治療を受ける前に矯正歯科の先生に話をしておくことが大切だと思います。
 

 - 矯正開始前