アラサーOLの裏側矯正ブログ♪

歯列矯正の日々。 矯正失敗…?なのか、最近は歯が崩れてきている日々です。 虫歯もできちゃいました。

婚活と矯正の開始時期について。

   

婚活で重要となるのは、見た目も含めた第一印象です。そして第一印象をよくするために重要なものとして、歯並びの美しさがあります。
 
bride-and-groom-834389_1280
 
 
歯並びが乱れてしまっていると、女性に対する印象が良くないといっている男性は少なくありません。婚活の際には、一人の男性と何度も会話する機会もないですし、第一印象でいい印象を与えられないと、男性に興味を持ってもらうこともできず、二度とその男性と親しくなれるチャンスがないこともあります。
 
 
私は婚活を成功させるためには、歯並びも含めた美しさが必要だと考えています。そして、ここでは婚活を考えると、何歳ごろから歯の矯正を始めておくべきかについて、書いていきたいと思います。
 
 
 
 
スポンサーリンク


歯列矯正の治療期間。

歯列矯正の治療期間は、平均では2~3年ほどかかるケースが多いです。早くても1年半ほどはかかりますし、長ければ4~5年ほどかかることもあります。
 
 
hands-1022212_1280
 
 
矯正の治療中には、歯の表面に装置をつけて治療をすることもあると思いますし、矯正の治療を始めた当初には抜歯をして一部の歯が抜けてしまっている時期もあると思います。裏側矯正やマウスピース矯正をする場合には、矯正装置が目立たないように治療を進めることもできますが、歯の表側に装置をつけて治療をする 場合には、装置が目立ってしまうことがあります。
 
 
婚活を考えているのであれば、矯正の開始の時期は婚活の時期に合わせて考える必要があります。
 
 
 
 
スポンサーリンク


婚活と矯正の開始時期。

女性が本格的に婚活を考え始めるのは、26歳~30歳にかけてだと思います。この時期に、歯並びを整えておきたいのであれば、矯正治療は22~23歳ごろに開始するのが理想です。
 nails-1420329_1280
 
 
ただし、矯正の治療には高い治療費がかかるので、大学を卒業し新社会人になったばかりの22~23歳の年齢で矯正の治療を受け始めるのは難しいこともあるか と思います。また、22~23歳の時期には、まだ結婚は意識していなくても、恋愛を楽しみたい時期だと思うので、その時期に歯に装置をつけるのは嫌だと考えてしまうかもしれません。
 
 
とはいえ、20台後半のアラサーと 呼ばれる年齢になったときに、婚活を意識するようになったタイミングで歯並びが気になりだしても、治療の完了までには時間がかかるので、間に合わないということも考えられます。20代の後半で婚活を考えたいのであれば、前半のうちに矯正治療を始めておくのが良いと思っています。
 
 
 



 

26歳での歯列矯正。

私は26歳になってから矯正の治療を始めましたが、もう少し早く始めていれば良かったなと思うこともあります。
 
歯並びがきれいになってきて、笑顔に自信が持てるようになってくると、もっと早く今の歯並びになっていれば、あの時ももっと楽しめたんじゃないかなと思うことがあります。
 
 
矯正治療を始めるにあたっての準備や、治療を始めてからしばらくは苦労することも多くありますが、歯並びが整ってくることで見えてくる新しい世界もあるので、できるのであれば早いうちから検討を始めた方がいいと思っています。
 

 - 矯正中の恋愛