アラサーOLの裏側矯正ブログ♪

歯列矯正の日々。 矯正失敗…?なのか、最近は歯が崩れてきている日々です。 虫歯もできちゃいました。

歯列矯正、装置の調整中の痛みやつらさ。

   

矯正治療中には、月に一回のペースで装置の調整のために歯医者さんに通っています。
 
歯医者さんでは、ついているワイヤーを外して新しいものに取り替えたり、ワイヤーによる力のかかり方を調整したりなどの治療が行われます。
 
 girl-179744_1280   
 
この毎月の調整では、いろんな治療が行われているのですが、中には痛みを伴うつらい治療が行われることもあります。
 
ここでは、毎月の調整の中で感じるつらさについて、ご紹介していきます。
 
 
 
 
スポンサーリンク


下の歯の奥歯の調整がつらい。

まず、ワイヤーを取り外して付け直す治療においてつらいのは、ワイヤーをつけるときの作業です。
 
わたしは歯の舌側(裏側に矯正治療をつけて治療をしているのですが、歯の裏側に装置がついていると、ワイヤーを通す際に歯医者さんの手ががっつりと口の中に入ってきます。
 
 
 
特に下の歯の奥歯のワイヤーを通すときには、歯医者さんの手が口の奥まで入ってくることになるので、けっこうつらいです。おぇっと軽く嗚咽してしまうときもあります。
 
下の歯の奥歯の装置をいじるときに、邪魔にならないように舌を抑えられることもあるのですが、それもしばらく耐えるのはつらいです。
 
また、口を開きつづけることで、アゴが疲れるというしんどさもあります。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


前歯に力がかかると痛い。

そして、前歯の調整の際にもけっこう痛みがあります。
 
前歯の調整の痛みは奥歯のものとはまた違う感覚なのですが、前歯にグッと力がかかって、歯がメキメキとなります。このまま力をかけると歯が抜けてしまうんじゃないかと思う時もあります。
 
 
kids-143022_1280
 
 
わたしは前歯の歯並びが特に悪かったので、前歯を動かすために強めに力がかけられているのだと思っているのですが、それでも歯が抜けてしまうー!と思うような痛みがたまにありました。
 
 
ワイヤーがついてからは、歯に対してじわじわも力がかかってくるので、歯や歯ぐきが痛くなってきます。調整後のしばらくの間は、食事をするときには固いものを噛むことができなくなります。
 
 
 
 
 

やすりがけの痛み。

私の通っている歯医者さんは、歯を並べるスペースを作るために、歯と歯の隙間を少しづつ削っていくということをやっています。
 
スペースを作るための抜歯をせずに治療をしているので、歯を並べるスペースが必要で、一本一本の歯を少しづつ削っていくことでスペースをつくっています。
 
 
この治療をやすりがけと呼んでいるのですが、これがけっこうつらいです。歯を削るとは言っても、虫歯の治療の時に歯を削るキーンとした痛みはないのですが、ドリルのようなもので歯を削っている感じで、ドドドドドド…と頭に響くような不快感があります。
 
この頭に響く感じは、しばらく続くとけっこうつらいです。
 
 
zahnreinigung-1514693_1280
 
 
矯正治療中は、この毎月行われる調整を乗り越えていかないと歯並びが整っていかないのですが、毎月となると少し憂鬱になってきています。
 
 
矯正治療を始めた当初は、目に見えて歯並びがきれいになってきていたので、それをモチベーションに頑張っていたのですが、最近は歯並びにあまり大きな変化が見えなくなってきています。それでも、噛み合わせなどの細かいところを調整するためには毎月少しづつでも頑張っていかなければならないようです。
 
 
つらいことも多いのですが、引き続き治療を頑張っていきます。
 

 - 矯正の痛み