アラサーOLの裏側矯正ブログ♪

歯列矯正の日々。 矯正失敗…?なのか、最近は歯が崩れてきている日々です。 虫歯もできちゃいました。

表側矯正と裏側矯正どっちがおすすめ?実際に治療を受けてみて感じること。

   

矯正治療をこれから始めようかと思っている人の中には、歯の表側に装置をつけて治療を進める表側矯正と歯の裏側(舌側)に装置をつける裏側矯正のどちらがいいのか?と迷う人もいるかと思います。
 
歯の矯正治療の方法は、この他にもマウスピースを使った治療や差し歯の治療、インプラントの治療などさまざまなものがあります。
 
 
 
 
ここでは、装置とワイヤーを使った治療法の中でも、表側矯正と裏側矯正はどっちがいい?というところに焦点をあてて考えていきます。
 
 
私は現在、歯の裏側に装置をつけて矯正の治療を進めています。実際に裏側矯正の治療を受けてみて感じることも合わせてお伝えします。
 
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


それぞれのメリットとデメリット。

表側矯正と裏側矯正ですが、それぞれの治療法にはメリットとデメリットがあると思っています。
 
ここではいくつかの観点で、メリットとデメリットについて書いていきます。
 
 
 
 
 

見た目。

まず、見た目的なところに関してですが、表側矯正は歯の表面に装置をつけるので装置が目立ってしまいますが、裏側矯正では装置が目立たないということがあります。
 
 
歯の表側に装置をつけると、いかにも矯正治療を受けている、というように装置が目立ってしまうのですが、裏側矯正は装置が見えないので、矯正治療を受けていることを周囲に気づかれることなく治療を進めることができます。
 
 
実際に、私は裏側矯正をしていることは周囲の人に伝えていませんが、気づかれることなく治療を進めることができています。
 
ただし、裏側矯正で治療を進めていても、稀に一部だけですが、歯の表側に装置をつけなければならないこともあります。歯の裏側から力をかけるだけでは難しいケースもあるので、すべてが歯の裏側からの装置だけで完結するというわけではない可能性もあるので、注意が必要です。実際に、私は数本だけですが、歯の表側にも装置をつけています。
 
 
 
 

痛み。

矯正治療でよく心配だと言われることの中に、治療による痛みがあります。矯正治療は痛い、痛いと言われているけど、どれだけ痛いのか?ということは、治療を受ける前は想像ができず不安が募るところだと思います。
 
 
歯が動くことで生じる痛みに関しては、表側矯正も裏側矯正も変わらないと思っています。歯への力の掛け方は異なりますが、歯が動くことに違いはないので、痛みの感じ方に大きな違いはないと思います。
 
 
ただ、矯正中の痛みは歯が動く痛みだけではなく、装着やワイヤーがひっかかって口内や舌が切れたり、口内炎ができる痛みがあります。 これに関しては、表側矯正と裏側矯正で若干異なる部分だと思います。
 
 
まず、唇の裏側の部分の傷や口内炎に関しては、表側矯正の方ができやすいと思います。歯の表側に装置をつけるので、唇の裏側に装置があたりやすくなります。装置があたって負担がかかってしまうところに関しては、傷や口内炎ができやすくなります。
 
舌に関しては、裏側矯正の方が痛みはつらいと思います。裏側矯正は、歯の舌側に装置があるので、発音をしたり食べ物を食べたりする度に装着やワイヤーが舌にあたります。それが繰り返されることによって、痛みが生じてしまうことがあります。これにより、喋りづらくなってしまい、発音に対して影響が生じてしまうこともあります。
 
 
この痛みについては、始めはつらいですがだんだんと慣れてきます。そして、ワックスや薬を使ってケアをしていくことで痛みを軽減することも可能です。
 
 
 
 

ケアの容易さ。

 
 
日頃の歯磨きなどのケアのしやすさについては、表側矯正の方が装置が見えている分、ケアはしやすいと思います。
 
 
裏側矯正では、装置が見えづらく、手が届きにくいので食べ物が挟まっていても取りづらいということがあります。
 
また、歯磨きでのブラッシングについても、裏側矯正は装置の隙間まで磨くのが難しく、ケアは大変だと思います。
 
 
 
 

治療期間。

治療期間については、大きな差はないと思います。
 
 
中には裏側矯正の方が期間が長くなるという矯正歯科の先生もいますが、歯の状態と治療の進め方によって若干の誤差はあるものの、表側でも裏側でも期間は変わらないと考えています。
 
治療期間については、歯の状態によって個人差があるので、より正確に知りたいのであれば、矯正歯科で検査を受けてみるのが良いと思います。
 
 
 
 

治療費。

治療費については、裏側矯正の方が高くなる傾向にあります。
 
 
裏側矯正は見えない矯正治療ということで見た目的なメリットは大きいのですが、治療費は高くなってしまうことがあります。
 
矯正治療は表側矯正でも治療費が高いと言われていますが、裏側矯正の費用はもっと高くなってしまいます。
 
 
 
 

矯正歯科の選択肢。

矯正歯科の選択肢は、表側矯正の方が多いのが現状です。
 
 
裏側矯正の方が新しい技術のため、対応していない矯正歯科も少なくありません。裏側矯正の方は表側矯正とは異なる技術が必要ですので、治療の難易度も高いという印象です。
 
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


おすすめはどっち?

 
 
ここまでいろんな観点で比較してきましたが、ここでまとめると、費用は高くなってしまってもどうしても装置が見えるのは嫌、という場合には、裏側矯正の治療をおすすめします。
 
逆に治療中の見た目よりもできるだけ費用を抑えて歯をきれいにしたいというのであれば、表側矯正が良いと思います。
 
 
私は装置がみえない、ということを第1優先として裏側矯正の治療を選びました。裏側矯正では舌側に装置があるので舌が痛いとか喋りにくいとか、歯磨きがしにくいという悩みはありますが、装置が見えないということを第1に考えて選んだためそのあたりは我慢することができています。
 
それぞれの治療には異なるメリットやデメリットがあるかと思いますが、何を最優先にしたいかということを決めて治療法を選択するようにしてください。
 

 - 矯正開始前