アラサーOLの裏側矯正ブログ♪

歯列矯正の日々。 矯正失敗…?なのか、最近は歯が崩れてきている日々です。 虫歯もできちゃいました。

やっぱりまだ失敗?前歯が目立つのが気になる。

   

私は約2年前より裏側矯正による歯並びの治療を続けていて、先日よりマウスピース矯正に切り替えて治療を続けています。

 

 

現在は、マウスピース矯正に切り替えるために矯正用のマウスピースを作成している期間で、歯が動かないようにするための保定用のマウスピースを装着しています。

保定の期間なので歯並びを整えるための治療が行われていないのですが、前歯が片方だけ前に出てしまっているのがずっと気になっています。

 

私は、自分が通っている矯正歯科の治療の技術には疑いをもっています。そして、この前歯がでてしまっているのも、やはり矯正歯科の治療のミスなのではないかと思っています。

 

 

 

スポンサーリンク


治療前は前歯がでていなかった。

まず、矯正治療を始める前の治療前の歯並びについては、前歯が1本だけ前に出てしまって目立つということはありませんでした。

前歯の横の歯が1本だけ後ろに下がってしまっていたので、その部分が目立っていたということはありますが、前歯が1本だけ前に出てしまっているということはありませんでした。

 

ただ、矯正治療で歯並びを整えていく中でワイヤーによって力がかかってしまったことにより、前歯が前に出てしまったと感じています。

 

 

 

矯正開始後に、前歯が前にでて目立ち始めてしまったころの、当時の実際の歯の写真があるのでご紹介します。

 

歯の写真があるので閲覧注意です。

 

 

 

 

 

 

 

これが矯正治療開始から約半年ほど経った時点での歯並びの写真です。上の歯の歯並びの写真で、鏡を使って撮影しています。

 

水色で線をつけているのが、裏側矯正で歯の裏側についている装置に、ワイヤーを通している箇所です。歯並びがガタガタだったので、いびつな形にワイヤーが通されています。

 

 

 

ピンク色で矢印を記載しているのが、うしろに下がってしまっていた歯を前に動かそうとして、力がかかっていた方向です。このピンクの矢印の方向に力がかかっていたので、前歯も一緒になって前に向かって動いてしまったのだと思っています。(この写真の時点でもすでに少し前に傾いているのが分かります)

 

裏側矯正の治療は、歯の裏側に矯正装置をつけて力をかけて歯を動かしていくので、力の加減によっては他の歯にも影響を与えてしまう治療だと感じています。


少しでも力の加え方を変えるだけで歯並びは変わってしまいますので、この部分については高い技術力が求められると思っています。

 

 

この部分の調整が上手く行っておらず、前歯が目立ってしまっているのではないかと、疑いを持っています。

 

 

 

このときの歯並びを前から見るとこんな感じです。前歯が1本だけすごく目立っていました。

 

 

 

少し下の角度から見るとこんな感じです。歯並びがひどく乱れていたのが分かると思います。この当時の歯並びの写真は何度見ても残念です。

 

 

 

 

現在の歯並びの写真はこちらです。矯正治療開始の上記の写真に比べるとだいぶ歯並びがきれいになってきていると思いますが、それでも前歯が気になってしまいます

 

 

 

 

こうやって見ると、まだ少し前に出ているのが分かると思います。

 

 

 

 

上からの角度から見ても、前に出ているのが分かります。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク


マウスピースも前歯がでている。

そして、現在は保定用のマウスピースを装着しているのですが、保定用のマウスピースを作成した際にとった歯型が前歯が1本だけでてしまっている状態のものだったので、マウスピースも前歯が1本だけ、前に出た状態のものになっています。

 

このマウスピースをつけて歯を固定しているので、しばらくの間は前歯が1本だけ目立ってしまう状態が続くのだなと残念に思っています。

 

マウスピースの実際の写真をご紹介します。

 

 

 

若干ですが、この丸をつけた部分が前に出ています。

 

 

 

 

 

マウスピースを外した後の違和感。

また、もう1つ感じている問題としては、現在は保定用のマウスピースを装着していますが、マウスピースを外す度に前歯の噛み合わせに違和感を感じる、ということがあります。

ここで感じる違和感は、マウスピースを外した直後は上下の前歯同士が当たる感覚があり、噛み合わせが変わっているという違和感です。

 

マウスピースを外してから食事などをしていると徐々にこの違和感は解消されていくのですが、マウスピースを外した直後にはいつも感じます。

この部分についても、マウスピースを作成する際の型取りが上手く行っていなかったのではないか?とか、マウスピースをつけていることで歯が変な方向に動いてしまっているのではないか?という不安を感じます。

 

現在通院している矯正歯科では、これまで何度か失敗ではないかと思われるような治療が繰り返されてきたので、不信感があり、不安に感じてしまいます。

 

とはいえ、今のマウスピースをしばらく装着していかなければならないと思いますので、このままマウスピースの治療を頑張っていきます

 - 歯の写真