アラサーOLの裏側矯正ブログ♪

歯列矯正の日々。 矯正失敗…?なのか、最近は歯が崩れてきている日々です。 虫歯もできちゃいました。

歌手になりたければ歯列矯正は必須?歯並びの重要性について。

      2016/11/18

歌手の人やバンドのボーカルの人は、歌を歌っているときに口を大きく開いて見えるので、口元がきれいではないと目立ってしまうということがあります。口元が汚いと、歯並びや歯の色ばかり気になってしまって、肝心の曲が耳に入ってこないということも起こってしまいます。
 
 
musician-690466_640
 
 
歌手やボーカルにとっての歯並びや歯の色はとても重要なポイントで、特に意識をしておかなければならないところだと思っています。人の前にたつ人は、見ている人に与える印象が大切で、いくら歌がうまかったり声がきれいでも歯並びが悪いことでいい印象を与えられないこともあります。
 
 
ここでは、歌手やボーカルの人の歯並びが与える印象や、歯並びの治療について考えていきます。
 
 
 
 
スポンサーリンク


歌手の歯並びが与える印象。

歌手やバンドのボーカルとして歌を歌う人の歯並びはその人本人だけではなく、歌っている曲のイメージにも影響を与えてしまう重要なものだと考えています。
 
 
person-690033_640
 
 
歌っているときには口の中が見えてしまいますし、聞いている人の視線も口元に集中してしまうこともあります。そのときに、歯並びが大きく乱れていたり、歯の色がすごく黄ばんでしまっていたりすると、見ている人の中には不快感を感じてしまう人もいます。
 
 
また、歯並びや歯にばかり意識が集中してしまって、肝心の曲をちゃんと聞いてもらえないということもありえます。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


歯並びの治療をすべき?

歌手やボーカルとして活動していくことを考えた場合に歯並びの治療をしておくべきか?ということについては、見た目的な観点では治療すべきであると考えています。
 
ジャニーズのようなアイドルでも、歯並びが悪いと印象が良くないので、矯正治療をしている人は多いです。ほかにも、テレビに良く出ているような歌手やアイドルは歯並びを治療している人が少なくありません。
 
 
ただし、矯正治療をする場合には見た目的なところだけではなく、歯並びを変えることでの音楽活動への影響も考慮することが大切です。
 
 
person-690045_640
 
 
歌手にとって一番大切なことは、「歌うこと」だと思いますが、歯の治療を受けることで歌うことに影響を及ぼしてしまうこともあります。
 
 
たとえば、裏側矯正の治療であれば歯の舌側に矯正装置をつけますが、装置をつけることで滑舌への影響があります。歌手にとって滑舌が悪くなって歌うことへの影響がでてしまうのは好ましくないと思うので、治療による影響は十分に考慮する必要があると思います。
 
 
 
 

歯並びの治療法と注意。

歯並びが悪い場合の治療法についてですが、歯に装置をつける矯正治療や、歯を削って人工のかぶせ物をする差し歯の治療や、マウスピースで歯並びを整えていく治療法などがあります。
 
 
歯並びを整えるためにはさまざまな治療法がありますが、治療法を検討するにあたってはすでに上で書いているとおり、音楽活動への影響を一番に考えた治療法の検討が一番大切であると思います。
 
歯並びをきれいにして印象を良く見せることは大切ですが、歯並びをきれいにする治療は時間がかかる場合が多いので、治療期間、日常生活や音楽活動への影響は、事前に矯正歯科の先生とも相談することをおすすめします。
 

 - 矯正開始前