アラサーOLの裏側矯正ブログ♪

歯列矯正の日々。 矯正失敗…?なのか、最近は歯が崩れてきている日々です。 虫歯もできちゃいました。

【歯の写真】ブラケットオフ直前の歯並び。

   

2017年1月25日、上下の歯の装置の調整のために矯正歯科に行ってきました。
 
 
 
 
今回の調整では、「この後ゴムかけを1ヶ月続けてみて、次回に歯型を取ってみて問題がなければブラケットを取ることになるかもしれない」と言われました。
 
私はそれを聞いて、嬉しかったというよりも、とても驚きました。今の私の歯並びはまだまだ改善すべき点がいろいろあります。
 
 
ここでは、今回の装置の調整での歯科医師の担当の方の対応についてと、現在の私の歯並びについて写真と合わせてご紹介します。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


調整時間は15分。

まず、今回の装置の調整ですが歯の様子をチェックして、歯を動かすためのスペースを作るためのヤスリがけの治療を行って終わりました。ワイヤーを外すこともなく、治療時間は15分ほどでした。
 
 
ここで記載しているヤスリがけとは、歯を動かすスペースを作るためにということで、歯と歯の隙間を電動ヤスリのような機械を使って削って行く治療のことをいっています。
 
歯並びを整えるためとはいえ、歯を削るのは嫌だったのですが、担当の方のからは「歯の表面だけ削っているので痛みはなく、歯が弱ることもない」と言われています。
 
 
今回の調整はワイヤーの調整を行わず、歯の隙間を削っただけで終わってしまったのですが、これでまた歯が動くのかどうかは疑問です。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


歯石除去に8000円。

 
 
そして、今回の調整が15分で終わったので、担当の方に「装置の隙間にたまっている歯石の除去をしますか?」と聞かれました。
 
 
最近私が通っている矯正歯科では、歯のクリーニングのサービスも始めたようです。
 
ただし、よく話を聞いてみると有料でやっているようで、ワイヤーをつけたままだと30分で5000円、ワイヤーを外して行うと1時間で8000円と言われました。それを聞いて、歯のクリーニングに8000円も払うわけがないと思い、断ってしまいました。
 
 
私が通っている矯正歯科は保険適応外の治療ばかりなので、治療費が高額になってしまうようです。保険適応の歯医者でクリーニングすれば、ワイヤーをつけたままになりますが、3割の負担できれいにできるので、やるなら保険適応でクリーニングを受けようと思っています。
 
8000円もかかると聞いてびっくりしてしまいました。でも、それでも8000円払ってクリーニングをする人もいるんだろうなー、と、思います。私は、保険適応で治療をしてくれる歯医者に行こうと思います。
 
 
 
 
 

担当者の態度が変わった。

そして、今回の調整の中で違和感を感じたのですが、担当の方の対応が急に丁寧になったように思います。
 
歯を見ながら治療の進め方を説明してきたり、私に「疑問点はないか?」と何度も聞いてきたり、今回はやけに丁寧だなと思っていました。
 
 
そして、調整が全て終わってからその理由がわかったのですが、新しい制度が導入されたようで、毎回治療の後にアンケート用紙が渡されて要望を記載するシステムになったようでした。匿名ではなく、実名を記載する形ですが、要望は何でも書いて良いようです。
 
また、院内の治療スペースに院長らしき男性の先生がうろつくようになりました。これまでは若い担当の方ばかりだったのですが、男性の医師の姿も見えるようになっています。
 
 
 
 
ここまで改善をしようとしてるということは、何か患者との間に問題があったのかな?と思ってしまいます。患者からの改善の要望が多かったのでしょうか…?
 
私はこのブログの中で、通っている矯正歯科の名前は明記していませんが、同じ矯正歯科に通っている人から、「◯◯矯正歯科ですか?」ということで、個別でメッセージを頂くことがたまにあります。私が感じているような不満は、他の方も同様に感じているようで、自分だけではなかったのだと思うことがあります。
 
 
その分、矯正歯科に対しても要望や不満が多く届いているのではないかと思っています。今のご時世だと、このようなブログやツイッターやフェイスブックなどのSNS上の評判は、集客に大きく影響を及ぼします。
 
矯正歯科は評判が悪いと患者が減ってしまうことにつながると思います。私が通っている矯正歯科も、危機感を感じて対策が必要と思い始めたのかなと感じました。
 
 
 
 
 

現在の歯の写真。

ここからは、現在の私の歯の写真をご紹介します。
 
歯の写真があるので閲覧注意です↓
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まずは正面の写真です。正面からみると、だいぶ歯並びはきれいに整ってきているように見えます。歯のセンターラインも中心で合うようになってきています。
 
 
 
 
 
ただ、口を開くと歯の高さがバラバラできれいに見えません。この歯の高さを合わせないまま矯正の治療が終了となると嫌だと思っています。
 
 
この歯の高さが合っていない部分については、ワイヤーの調整だけでも高さを合わせて行くことができると説明を受けました。ただし、完全にそろえることは難しいので、一部の歯は削っていく必要もあるということでした。
 
 
 
 
上の歯のラインです。まだ八重歯が目立ったままになっています。
 
 
 
 
 
下の歯の写真です。下の歯はきれいに見えるようになっています。
 
 
 
 
 
上の歯の写真です。鏡を使って撮影しています。
 
 
 
 
 
下のほうから見た歯の噛み合わせです。噛み合わせは合ってきているように感じますが、まだずれているところもあります。
 
 
 
 
 
少し口を開くと歯の前後のでこぼこがあるのが分かると思います。
 
 
 
装置を外すタイミングは早いほうがいいとは思っているのですが、歯並びが完全にきれいに整っていない状態では意味がないと考えています。
 
納得ができる状態になるまで、引き続き矯正の治療をがんばっていきます。
 

 - 歯の写真