アラサーOLの裏側矯正ブログ♪

歯列矯正の日々。 矯正失敗…?なのか、最近は歯が崩れてきている日々です。 虫歯もできちゃいました。

【歯の写真】1本だけ飛び出している歯の治療がスタート。

   

本日は上下の歯の装置の調整をしてきました。約1か月ぶりの調整で、上下の歯のワイヤーが取り換えられて、新しいワイヤーで歯にかける力の強さを調整されました。
 
特に前回からの違いとしては、今回の調整から下の歯の1本だけ目立ってしまっている歯の治療が開始されました。
 
 evening-1155743_1280(1)
 
 
歯の写真と合わせて、今回の調整についてご紹介します。
 
 
 
 
スポンサーリンク


上の歯のワイヤーがひとつ太いものに。

まず、今回の調整では上の歯についているワイヤーがひとつ太いものになりました。
 
 
上の歯は、以前より目立ってしまっている八重歯の調整が開始されていますが、今回もワイヤーで八重歯をひっこめるための治療が行われました。
 
ここからは歯の写真を紹介します。
 
歯の写真があるので、閲覧注意です↓
 
 
 
 
 
 
 
 
まずは正面からの写真です。
 
    IMG_6558
 
 
正面から見ると、前回からあまり大きくは変わっていなくて、八重歯もまだ目立ってしまっている状態です。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


上の歯の調整がきつくて痛みが。

今回のワイヤーの調整の際には、上の歯のワイヤーが太くなったということもあり、上の歯のワイヤーがいつもよりきつく締められた感覚がありました。
 
 
まず、ワイヤーの調整の際には、歯についている装置にワイヤーを通すときに歯に力がかかるのですが、今回は歯にかかる力がいつもより強かったです。ワイヤーをつける際にも痛みを感じましたし、ワイヤーを付けた後に歯がじわじわと動く時にも、痛みを感じました。
 
ワイヤーをつける際の痛みは、このまま歯に力をかけ続けると、歯が折れるんじゃないかと思うような痛みでした。痛みレベルとしては、歯医者さんが歯に力をかけているときに、少し顔をそむけたくなるほどの痛みでした。
 
 
そして、ワイヤーを装着してしばらくたった後には、何も食事などしていない状態でもはがじわじわと痛痒いような感覚がありました。この痛みはしばらく続いていて、調整の当日と次の日には、しっかり噛む必要があるような食べ物を食べるときには痛みを感じました。
 
 
ここ最近の調整ではあまり強く力をかけられることがなかったので、久しぶりに痛みを感じました。
 
 
 
 
これが上の歯の写真です。わかりづらいですが、ワイヤーが太くなっています。
 IMG_6567
 
 
 
 
 
 

下の歯の1本だけ飛び出してしまっている歯。

そして、下の歯の1本だけ飛び出してしまっている歯を下に引っ込めるための治療が開始されました。
 
この1本だけ出てしまっている歯はずっと気になっていたもので、口を半開きにしたときに目立ってしまっていたものです。
 
 
 
 
 
まず、これが調整前の写真です。前歯の下の歯が1本だけ目立ってしまっているのがわかると思います。
 
IMG_4668
 
 
 
 
この歯が目立っていることは歯医者さんも意識をしていて、今回のワイヤーの調整でこの歯を引っ込ませるために、ワイヤーをまげて装着をされているようです。下の前の裏の部分なので、鏡でもなかなか確認が難しい箇所なのですが、歯医者さんがそう言っていました。
 
 
そして、これが調整後の今回の写真です。まだ大きな変化は見られませんが、この歯を引っ込めるための調整がされています。
 
IMG_6559
 
 
 
 
上から見た下の歯の写真はこれです。
 
IMG_6562
 
 
 
毎回の調整で、歯並びの悪さが目立ってしまっている細かいポイントを少しづつ調整がかけられていっています。細かいところまで調整して、望む歯並びになれるように引き続き治療を頑張っていきます。
 

 - 歯の写真