アラサーOLの裏側矯正ブログ♪

歯列矯正の日々。 矯正失敗…?なのか、最近は歯が崩れてきている日々です。 虫歯もできちゃいました。

歯列矯正中の歯間ブラシの重要性。

   

歯列矯正中は装置やワイヤーがついているので、歯ミガキがしにくくなってしまいます。
 
 
toothbrush-41753_1280
 
 
私は、歯ミガキやその後のケアを怠ってしまったことが原因で、去年に一度虫歯ができてしまい、矯正治療中に虫歯の治療をしています。虫歯の治療が大嫌いなのですが、その時にもう虫歯にはなりたくない!と思ったので、歯のケアグッズはいろいろと活用をしています。
 
 
ここでは、歯のケアグッズの中でも重要と考えている、歯間ブラシについてご紹介します。
 
 
 
 
スポンサーリンク


歯磨きだけでは落とせない汚れ。

いつも、歯磨きは朝晩の2回は必ずしていて、昼食後は、時間がある時にはできるだけ磨くように心がけています。
 
toothbrush-571741_1280(1)
 
 
歯ブラシは、ソニッケアーの電動歯ブラシを使っています。電動歯ブラシなので通常の歯ブラシよりは洗浄力が強いと感じています。でも、それでも歯間ブラシを使うと、電動歯ブラシでどれだけキレイに磨いたつもりでも、歯間の磨きにくいところの汚れが残ってしまっていることがわかります。
 
 
電動歯ブラシは洗浄力が強いので、歯ブラシで磨くだけで大丈夫だと思ってしまっていたのですが、実際には歯間の汚れまできれいに落とすことは難しいようです。そして、この汚れが蓄積されていき、歯石になってしまったり、虫歯の原因につながってしまうことがあるんですね。
 
 
 
 
スポンサーリンク


歯間ブラシの使い方。

歯間ブラシは、歯ブラシをした後の細かいところの汚れを取る目的で活用しています。
 
歯間ブラシの使い方は、歯間ブラシを歯と歯の隙間にいれて、前後に動かします。歯ぐきに近いところで動かし過ぎると、歯ぐきが傷ついてしまって出血することもあるので、力加減には注意が必要です。歯間ブラシの先端には、ワイヤーが入っていることがあり、このワイヤーで歯ぐきが傷ついてしまいます。
 
 
痛みに敏感な人には、先端の部分にワイヤーが入っていないタイプのものもあるので、こちらもおすすめです。
 

 

 

 
歯間ブラシの形状はさまざまで、ブラシの先端部分のサイズを選べるようになっています。私は、歯と歯の隙間はそんなにあいている方ではないので、先端のサイズがSSのものを活用しています。
 

 

 

 
歯間ブラシは、矯正の治療を受けている歯医者さんでも購入できると思いますし、薬局で探せば見つかると思います。
 
歯間ブラシできれいにすると、歯の隙間のブラックトライアングルの部分が目立つようになるので、そこに汚れがたまってしまっていたのがわかります。歯の隙間にたまっている汚れが取れてスッキリとするのでおすすめです。
 

 - 矯正中の虫歯