アラサーOLの裏側矯正ブログ♪

歯列矯正の日々。 矯正失敗…?なのか、最近は歯が崩れてきている日々です。 虫歯もできちゃいました。

歯が黄色い芸能人は不潔に見える!歯の黄ばみへの対処法。

   

芸能人は歯並びや歯の色に気を使っている人が多く、歯並びの治療やホワイトニングをしている人が多くいます。芸能人みたいな歯並びになりたい!と歯列矯正を考える人も多いのではないでしょうか。
 
 
 
でも、芸能人の中にも歯並びはきれいでも歯の色が黄色く、不潔に見えてしまう人もいるんです。
 
せっかく身なりをきれいに着飾っていても、歯の色が黄ばんで見えてしまうと、清潔感がないという印象を受けてしまいます。歯の色が与える印象でマイナスなイメージを与えてしまわないためにも、歯の色をケアすることはとても重要です。
 
 
ここでは、歯が黄色くなってしまう原因から、歯の黄ばみへのおすすめの対処法までご紹介します。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


歯が黄色くなる原因。

 
 
まず、歯が黄色くなってしまう原因についてです。
 
歯磨きを毎日続けていても、色素(ステイン)の強い飲み物やたばこのヤニが原因になって色素沈着が起こってしまい、歯が黄ばんでいってしまいます。色素の強い飲み物としては、主に赤ワインや紅茶、コーヒー、ウーロン茶があります。
 
 
また、歯石が蓄積されていってしまって歯の色が黄色くなってしまうこともあります。虫歯の治療などで歯に詰め物をしている場合には、詰め物が変色して黄色く見えてしまうということもあります。
 
この歯の色の変化については、毎日歯を磨いてケアをしていても加齢によって起こってしまいます。歯を白く見せたいのであれば、歯の色素の沈着を取り除いていくことが必要となります。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


黄色い歯の印象。

芸能人の歯が黄色い人を見ると、「あれ?」と思ってしまうこともあると思います。
 
芸能人に対するイメージは華やかできれいな人が多いという印象が強く、歯並びや歯の色が白くてきれいな人が多いと思います。その中でも歯が黄ばんでいるという部分を見てしまうと、清潔なイメージがあった分余計に、不潔だと感じてしまうということがあります。
 
 
歯の色が与える印象については、芸能人に限ったことではなく、普段から意識をしておくべきことだと思っています。仕事において歯が黄ばんでいることで周囲の人に悪い印象を与えてしまったり、婚活において歯の色が原因で相手に振られてしまったということも起こってしまっています。
 
 
歯並びだけではなく、歯の色が相手に与える印象は大きな影響をもっています。悪い印象を与えてしまわないためにも、日ごろから対策をおこなっておくことはとても重要だと考えています。
 
 
 
 

対処法。

 
 
歯を白く見せるためには、歯医者でできる治療や自宅で出来る対処法などさまざまな方法があります。ここではおすすめのものをいくつかご紹介します。
 
 

歯医者でホワイトニング。

まず、歯医者でできるオフィスホワイトニングと呼ばれる対処法があります。
 
このホワイトニングは芸能人でも多くの人が利用しています。芸能人のブログやインスタグラムの中でも、歯医者でホワイトニングをしている様子を公開しているものがあります。
 
 
この治療法は、歯医者に通って歯に薬剤を塗って光をあてます。1回のホワイトニングで効果を実感できますが、しばらくするとまた色素が沈着してしまいますので、定期的に通うことで白い歯を保つことが可能です。
 
歯医者でのホワイトニングは1回あたり30分~1時間ほどで完了します。ただし、治療にかかる費用は高くなる傾向にあります。
 
 
 

歯医者で歯の研磨。

歯医者にいって歯の表面を研磨することで、歯の着色汚れを除去することができます。
 
ただし、歯の研磨で取り除くことが出来る汚れは、あくまでも歯の表面についてしまっている着色汚れになります。歯自体の全体的な黄ばみの着色については、ホワイトニングの治療を行わないと取り除けないです。
 
 
 

自宅でできるホワイトニング。

歯医者に通ってホワイトニングをするのはお金もないし面倒・・という場合には、自宅でできるホワイトニングがあります。
 
 
自宅でできるホワイトニングとして、ホワイトニングジェルを使って歯の表面を磨くということがあります。
 
私自身はこのホワイトニングジェルを使って歯の黄ばみ対策をしています。



こちらの記事でも紹介しています。
 
 
 
このホワイトニングジェルは、自宅での対策になるので、歯医者で行うオフィスホワイトニングよりも即効性という観点で効果は見えにくいと感じています。ただし、毎日続けることで着色汚れを取り除く効果は見えてくると思っています。
 
歯医者のホワイトニングを行っても、1回だけで終わってしまっては効果は継続しません。継続的に歯医者に通ってホワイトニングをするのが大変と感じるのであれば、自宅で手軽に継続できるホワイトニングジェルを使うことをおすすめします。
 
 
歯の黄ばみ対策は、毎日の歯磨きや市販の歯磨き粉だけでは限界があります。歯に着色汚れを蓄積していってしまわないためにも、できる対策から検討をしていってください。
 

 - ホワイトニング