アラサーOLの裏側矯正ブログ♪

歯列矯正の日々。 矯正失敗…?なのか、最近は歯が崩れてきている日々です。 虫歯もできちゃいました。

裏側矯正のデメリット。裏側から治療できる範囲の限界について。

   

私は歯の裏側(舌側)に装置をつけて歯並びの治療を行う「裏側矯正治療」を受けています。
 
animal-1846380_640
 
 
裏側矯正は、歯の表側に装置をつける治療に比べて治療費用は高くなる傾向にあります。歯の裏側に装置をつけるということで、高い技術が求められますので、治療が可能な矯正歯科も限定されます。
 
それでも私が裏側矯正での治療を選んだ理由としては、「装置が目立たない」というメリットがあるからです。私は周りの人に気づかれることなく矯正歯科を進めたいと思っていました。
 
 
ですので、装置が目立たずに治療を進めることができるという裏側矯正にはとても魅力を感じたのです。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


裏側矯正の限界。

今で矯正歯科をはじめてから約一年半ですが、裏側という治療法の限界を感じ始めています。
 
boy-666803_640
 
 
そのきっかけとしては、先日の装置の調整の際に歯医者さんから「歯の表面に装置をつけます」と言われたことからです。しかも、前歯の部分に装置をつけると言われました。
 
そのときに表側に装置をつけると言われた理由としては、表側につけたほうが動きが早いからということからでした。治療としてはゴムかけの治療のための装置だったのですが、歯の裏側から力をかけるよりも表側からかけたほうが力がかかりやすく、治療がはやく進むといわれました。
 
 
裏側矯正として治療を受けているのに、何で装置を歯の表面につけるのか?ということがそのときには納得できなかったので、担当の方と話をして歯の裏側に装置をつけて治療を進められるようにしてもらいました。
 
ただし、歯の裏側に装置をつけたことで歯が動かないようだったら、歯の表側につけることになる、というのはそのときにいわれたことです。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


納得できない。

fist-bump-1195446_640
 
 
歯の表側に装置をつけるというのは、「裏側矯正」として治療を受けることになっているのに納得できないところです。
 
 
歯の裏側に装置をつけて治療ができるというのが裏側矯正の一番のメリットだと思っているのに、普通に「歯の表面につけますよ」といわれても、無理ですと思ってしまいます。
 
ただ、そのときの説明が「私の歯の治療のためには仕方がないことだ」といわれてしまうと、私自身も歯の治療をはやく進めたいという気持ちはあるので、完全に拒否することが難しいということがあります。
 
 
実際に、奥歯の噛みあわせを合わせるために奥歯のゴムかけの治療をしていますが、奥歯に関しては歯の表面に装置をつけています。歯の表面につけると言われたときには、「え?」と思ったのですが奥歯だからあまり目立たないということもあり、そのときには歯の表面に装置をつけることに納得しました。
 
 
ただし、前歯の表面に装置をつけるというのは話が別で、相当目立ってしまいます。
 
 
think-about-1217109_640
 
 
次回の調整の際に、歯の表面に装置をつけるのが必須だといわれてしまうと、かなり迷ってしまうと思います。治療ははやく進めたいけど、でも装置が目立ってしまうのは嫌だという葛藤があります。
 
できれば全部歯の裏側に装置をつけるという対応で治療を完了して欲しいというのが、裏側矯正専門医と名乗っている矯正医院への願いです。
 

 - 矯正開始前