アラサーOLの裏側矯正ブログ♪

歯列矯正の日々。 矯正失敗…?なのか、最近は歯が崩れてきている日々です。 虫歯もできちゃいました。

裏側矯正で歯並びがキレイになるまでの期間は、実質半年。

      2016/09/29

歯並びが汚いのが気になる。でも、矯正の治療期間は2年とか3年とかいわれているから、それはちょっと長すぎる。
 
そう感じている人も多いのではないでしょうか。
 
 
woman-670130_1280
 
 
でも、実際に裏側矯正の治療を受けてみて感じることは、裏側矯正の治療期間は、見た目的な歯並びを整えるためにはかかる期間でいうと、実質半年ということです。
 
ここでは、実際の私の歯並びの写真と合わせて、矯正開始から半年間の歯並びの変化をご紹介します。
 
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


裏側矯正の治療。

私は裏側矯正の治療を昨年の2015年5月からスタートしています。抜歯をしたのが2015年5月で、歯に装置をつけ始めたのも2015年5月でした。
 
そして、そこから半年間は歯並びが大きく動いていて、(途中で何度か矯正治療の失敗疑惑があり歯並びが乱れてしまうこともあったのですが)、見た目的な歯並びが整ってきたのは12月頃でした。そこまで要した期間は約半年です。
 
 
そこから2015年12月以降の今日までの治療の内容は、上下の噛み合わせを合わせて行ったり、少し目立ってしまっている歯を引っ込めたりという治療が進められています。2015年12月以降は、歯並びの微調整期間という感じで、歯並びは大きく変わっていません。
 
 
私自身、「そんなにはやく歯並びが整うの?」と思ったのですが、実質半年でキレイに見えるようになりました。
 
 
 
 
スポンサーリンク


歯の写真。

実際の2015年5月から12月にかけての私の歯の写真をご紹介します。
 
 
歯の写真があるので、閲覧注意です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2015年5月16日に上の歯に装置をつけました。その時の写真がこちらです。
上の歯の写真で、鏡を使って撮影しています。私の歯は、上の歯の前歯の隣の歯が1本だけ下がってしまっていました。
 
IMG_0323
 
 
 
 

そして、その約1か月後の2015年6月22日に下の歯に装置をつけています。

IMG_8163

 
下の歯は、前歯が2本内側に入って生えてしまっていて、前歯の横の歯が重なってしまっています。
 
 
 
 
 
 
そしてその後、8月あたりで前歯が1本だけ前に出てきてしまったり…
 
IMG_4607
 
 
 
 
 
 
2015年9月にも前から見た時の歯並びがすごくひどかったのですが…
 
IMG_1749
 
 
 
 
 
 
その後も、何度か矯正失敗疑惑の歯並びの乱れがありましたが、2015年12月の末には↓のような見た目にまでなっています。この時点で、8月や9月の歯の乱れが信じられないぐらいに、見た目はきれいに整っています。
 
IMG_2942
 
 
 
 
 
 


 

歯がキレイに見えるようになるまでの期間。

矯正治療の期間として、2年とか3年とかよく言われていますが、この期間は、噛み合わせなどの微調整も含めた期間です。実際には外から見た歯並びがキレイに 見えるようになるまでは、半年から1年だと思います。(治療の内容によって、外科手術が必要な場合などは、もう少しかかることもあるかと思いますが。)
 
 
そして、ここで見えてくる裏側矯正のメリットは、歯並びが整ってきた時点でも矯正装置が見えないので、見た目上は矯正治療をしていることが気にならないということです。
 
歯の表側に装置を付ける場合には、歯並びが整ってきてからも、噛み合わせを合わせるために装置はずっと目立ちつづけます。そこが、裏側矯正と表側矯正の大きな違いだと思っています。
 
 

 - 歯の写真