アラサーOLの裏側矯正ブログ♪

歯列矯正の日々。 矯正失敗…?なのか、最近は歯が崩れてきている日々です。 虫歯もできちゃいました。

朝の歯磨きはいつする?朝食前か朝食後かどちらがいいのか。

   

朝起きてから家を出るまでに、朝の歯磨きをするタイミングはいつがいいのでしょうか?
 
 
 
 
朝起きて朝食を食べる前に歯を磨く、朝食を食べた後で歯を磨く、など人によって歯を磨くタイミングは様々だと思います。
 
私は歯の舌側に矯正装置をつけて治療を行う、裏側矯正の治療を受けています。矯正の装置がついているため、歯が磨きにくく虫歯ができやすくなってしまっているため、歯磨きには気をつかっています。
 
 
朝の歯磨きについては、普段から朝食前に歯を磨いているのですが、本当にそれでいいのか?という疑問が生まれてきたので、どっちがいいのか調査してみました。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


朝の歯磨きのタイミング。

まず、私の普段の朝の歯磨きについてですが、朝起きてから朝食前に歯を磨いて家をでています。
 
そして、朝食を食べた後は歯を磨かずにうがいだけして済ましてしまっています。
 
 
朝ごはんの後に歯を磨けていないのには、平日は家では朝食を取らずに、出社後に会社で食べているため、ということがあります。会社で朝ごはんの後に歯を磨くのが大変になってしまっているので、朝食後に歯を磨くことができていません。
 
食事後に歯を磨けないというのは、虫歯予防や口臭予防の観点で少し気になっていますが、習慣化しているのでそのまま続けてしまっています。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


ベストタイミングは?

 
 
私は朝食前に歯を磨いていますが、朝食前に磨くのと朝食後に磨くのにはそれぞれメリットやデメリットがあるようです。
 

朝食前に磨く。

まず、夜寝る前に歯を磨いて寝た場合にも、朝起きた時には口の中には雑菌が増えてしまっている、ということがあります。
 
口臭の強い人などは、特に朝起きた時の口内のにおいやネバつきが気になることもあるかと思います。
 
 
そのような状態で気持ち悪いと感じる場合には、朝起きてすぐに歯を磨くと良いと思います。歯を磨くことが面倒だという場合には、うがいだけでもスッキリします。
 
そして、朝食前に歯を磨くことにより心配なのは、朝食の食べかすが口の中や歯の間に残ってしまって、虫歯や口臭の原因になってしまう可能性があるということです。
 
 

朝食の後に磨く。

逆に、朝食の後に磨くことによって、虫歯や口臭の予防が可能となります。
 
 
ただし、寝起きの口の中の細菌やネバつきがきになり、そのままの状態で朝食を摂取すると、菌まで一緒に飲み込んでしまいそうで嫌だと感じる人もいるかと思います。
 
朝食前にも後にもと、何度も歯を磨くのは大変なので、気になる場合には朝食前にはうがいだけでもしっかりとすることにより、スッキリすることができると思います。
 
 
 
 
 

まとめ。

私は今の現状だと、朝食後に歯を磨かないことで、虫歯や口臭のリスクがある状態を放置してしまっています。
 
とはいえ、すぐに生活習慣を変えることも難しいので、まずは朝食後にうがいだけでもしっかりとして、口の中の汚れを少しでも少なくするように心掛けたいと考えています。
 
 
引き続き、歯列矯正の治療を頑張っていきます。
 

 - 矯正中の虫歯