アラサーOLの裏側矯正ブログ♪

歯列矯正の日々。 矯正失敗…?なのか、最近は歯が崩れてきている日々です。 虫歯もできちゃいました。

歯科矯正中の恋愛について。男性は嫌がる?キスとかって痛くないの?

      2016/02/07

歯科矯正を考える女性がけっこう悩むのは、矯正中の恋愛についてですね。
 
 
スポンサーリンク


矯正中の恋愛

矯正治療が終わると歯並びはキレイになりますし、自分に自信が持てるようになります。
 
矯正をしたことでイキナリ出会いが多くなり、結婚までできた!という友人もいます。自分に自信がある女性ってキラキラして見えるし、歯並びがキレイだと笑顔が素敵に見えるんですよね。
 
 
 
でも、矯正治療期間中の2〜3年はどうなんだろう?
 
矯正装置を嫌がる男性もいるの?
 
彼氏ができても、キスとかできるの?
 
そんな疑問もあるかと思います。
 
 
 
 
 
まず、結論からお伝えすると、
矯正中でも問題なく恋愛はできますよ。
 
 
ですので、恋愛ができなくなるかもしれないと思って、矯正治療をためらう必要はないです。むしろ、矯正治療が進み歯並びが良くなってくるにつれて、自分に自信がもてるようになって、プラスに働くことのほうが多いと思います。
 
 
ただ、矯正の装置がついていることを嫌がる男性がいることも事実です。世の中には様々な考えを持っている人かいるので、ゼロではありません。
 
インターネットのサイトとかでも、矯正治療をしている女性を非難している書き込みもあります。
 
 
 
でも、あなたがキレイになろうとして頑張っているのに、それを認めずに、装置がついているだけで嫌だとか言う男性は、そもそも恋愛対象外としておきましょう。
 
あなたが恋愛をしようとしている、目の前の男性を見ましょうね。ネット上の意見とかは気にしなくて良いですよ。
 
 
 
矯正装置を嫌がる男性は、心配するほど多くないので大丈夫です。
 
 
 
スポンサーリンク


彼氏にはどう話す?

hands-437968_1280
 
また、すでに彼氏がいる人であれば彼氏にどうやって治療のことを打ち明けるのか、悩むこともあるかと思います。
 
もし彼氏が反対したらどうしよう、とか、嫌がったらどうしよう。とか不安になりますよね。
 
 
少し勇気がいるかもしれませんが、どうして治療をしようと考えたのかあなたの考えを素直にちゃんと話せば、分かってもらえるので心配はいりませんよ。
 
 
私は裏側矯正をしているのですが、彼氏に治療のことを黙っていてバレないように過ごそうと思えば、装置は見えないし分からないと思います。
 
 
でも、歯並びが変わっていくことには気づくと思いますし、内緒にする必要もないと思っているので、全部ちゃんと話をしています。
 
 
ちゃんと話をして、治療のことを分かってもらっておいた方が、絶対に楽です。
 
 
彼氏であれば、食事をともにすることも多いと思うのですが、装置の調整の次の日とかであれば、歯は痛いし固いものを食べるのは大変です。そういうときも、治療の痛みをわかっておいてもらっているので、食事の内容とかも一緒に考えてもらえます。
 
 
 
そして、歯並びがキレイになってきたという喜びも、一緒に共有することができています。
 
 
「最近、歯並びキレイになってきたね」といってもらえると、とっても嬉しいです。
 
 
また、矯正治療のツラさも打ち明けることができるので、気持ち的にも楽になります。愚痴ばかり話すのはNGですけどね。
 
 
 
私の彼は、歯並びが乱れてしまっていた時代のこともすべて知っていますが、「確かに、そんな時期もあったね」と、その程度の認識です。本人が本気で悩んでいることも、意外と気にしていないものなんです。
 
 
 
だから、矯正治療をしていることで恋愛にためらう必要は全然ないです。
 
 
 
 
そして、キスをしたりそれ以上のことでも、装置がついていても問題なくできます。
 
 
私は裏側矯正なので、普通のキスについては違和感はないです。これが、装置が歯の表側についていたらどうなのか…は、わからないのですが、裏側であれば不便に思っていることはないです。
 
 
また、ディープキスなどは、装置がついていない時と全く同じようにできるわけではないのですが、「裏側矯正をしていたら、ディープキスは絶対できない!」と思うほどの不便は感じないです。
 
 
一応、装置に食べ物が挟まりやすいので、食事後は気を使うようにしています
 
 
 

まとめ

私のようにアラサーとか、大人になってから矯正の治療を考える人は、増加傾向にあります。
 
 
私の通っている矯正歯科も、患者さんの平均年齢は29歳で、女性が一番多いそうです。皆さん、恋愛中でも彼氏募集中でも婚活中でも、問題なく治療を進めていますよ。
 

 - 自己紹介