アラサーOLの裏側矯正ブログ♪

歯列矯正の日々。 矯正失敗…?なのか、最近は歯が崩れてきている日々です。 虫歯もできちゃいました。

口臭、汗の臭い、デリケートゾーンの臭い…体臭の中で1番我慢できないのは?

   

体臭は人によって異なり、人の体臭を我慢できる人もいればどうしても我慢できない、という人もいるのではないかと思います。
 
 
 
人の体臭で特に気になると良く言われているのは、口臭、汗の臭い、デリケートゾーンの臭い、足の臭い…などです。
 
 
この体臭については、本人はあまり気にしていなくても周りの人は強い体臭に苦しめられていたり、付き合っている彼氏彼女の体臭で悩んでしまっている人も多くいます。
 
 
ここでは、体臭の中でも特に気になると言われているのはどこの臭いか?ということと、効果的な体臭の予防法について書いていきます。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


我慢できない臭いは?

私の周りの人の意見が中心になりますが、特に気になってしまい、許せない臭いは?という問いに対しては、
 
 
女性の意見では、男性の「口臭、わきの臭い、足の臭い、頭の臭い、首筋の臭い」がつらいといっている人が多い印象です。
 
また、男性の意見では、女性の「口臭、わきの臭い、足の臭い、デリケートゾーンの臭い」といっている人が多いです。
 
 
 
 
 

女性の意見。

女性の意見では、男性は加齢臭といわれるような独特の臭いが年齢を重ねるごとに強くなっていき、その臭いがつらくなってくるという意見は結構多いです。
 
また、口臭についても、口内の不衛生や病気などによって常に臭いがしている男性もいて、我慢できない!と思っている女性も少なくありません。
 
 
 

男性の意見。

男性側の意見では、口臭が気になるという意見が意外と多いです。私自身が意外だったのは、若い女性の口臭が気になると言っている男性が結構多いということでした。
 
 
おじさんといわれるような中年の男性の年齢で口臭が気になるといわれると、まあ納得できるのですが、若い女性の口臭が気になるといっている男性が多いのは驚きでした。
 
きれいなお姉さんから、予想もしなかったようなどぎつい口臭がすると、男性は油断してしまっていたこともあり、大きなショックを受けてしまうようですね。
 
 
若い女性でも口内のケアを怠っているような人は、強い口臭を発してしまっているようです。悲しいことには、付き合って初めてキスをした時に口臭にビックリしたという意見もあります。彼氏とのファーストキスをいい思い出として残すためにも、口臭は厳禁です。
 
 
 
 
 
また、女性への意見として多かったのは、デリケートゾーンの臭いです。女性の中にも、自分自身のデリケートゾーンの臭いを気にしている人は結構多いです。
 
女性は体調によっておりものが多く出たり、生理中にパンツの中が蒸れたりして臭ってしまうこともあります。ある程度は仕方がないことなのですが、男性からすると我慢できない臭いだという人もいるようです。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


体臭への対策。

ここからは、このような異性を遠ざけてしまうような体臭に対して、効果的な対処法をご紹介します。
 
中でも我慢できないという意見の多かった、口臭と足の臭いとデリケートゾーンの臭いに対する対策を中心にご紹介します。
 
 

口臭対策。

口臭対策に限った話ではないのですが、臭いの対策をするにあたってはまず、臭いを発している原因は何か?を明らかにする必要があります。
 
 
口臭の原因として多いのは、むし歯や歯周病などの病気や、歯石や舌苔がたまっているということや、食べたものが臭っているということです。
 
ニンニクなどの臭いの強いものを食べたために一時的に臭っているのであればまだ対処は簡単で、歯磨きをしたり、胃の中から臭わないようにする薬を飲んだりということが有効になります。
 
 
一方で、病気などが原因で常に臭ってしまっている場合には、病院に行って治療を行う必要がでてきます。口臭はなかなか自分自身では気づかないことも多いのですが、少しでもあれ?臭い?と思ったら、歯医者さんに行ってみてもらうようにしましょう。
 
 
 
日常的なケアとしては、口内環境を清潔に保つホワイト二ング用のジェルも口臭対策として有効な手段となります。
 





 
 

足の臭い対策。

次に足の臭い対策についてです。
 
 
足の臭いは主に革靴やブーツなどの、通気性の良くない靴を長時間履いていることで足が蒸れて雑菌が繁殖し、臭いが発生してしまうということがあります。
 
足の臭いを軽減させるためには、なるべく靴の中を蒸らさないようにして、こまめに足を出して中の空気を入れ替えることが有効です。また、お風呂などでも足の指の間まで清潔に保つように心がけましょう。
 
 
男性であれば蒸れにくい靴下を選んだり、女性であれば消臭効果のあるストッキングを選ぶようにすると、臭いは軽減されます。
 
 
また専用のデオドランド剤を活用することも有効です。
 





 
 

デリケートゾーン対策。

デリケートゾーンの臭いには、デリケートゾーンが蒸れて雑菌が繁殖して臭ってしまっているものが大きな原因となっています。
 
雑菌が繁殖してしまう原因は生理中の経血やおりもの、尿、汗などさまざまな要因がありますが、デリケートゾーンの周りは蒸れやすく雑菌が繁殖しやすい環境になってしまっています。
 
 
臭いを軽減させるためには、デリケートゾーンを清潔に保つことが1番大切になります。とはいえ、お風呂で洗い過ぎても菌を減らしすぎて逆効果になることもあります。お風呂で洗う際には、専用の石けんで優しく洗うようにしましょう。
 





おりものが普段とはちがうチーズや生ものが腐ったような臭いがする場合には、膣の病気にかかっている可能性もあります。あまり長く続くようでしたら、放置せず、産婦人科で検査をしてもらうようにしましょう。
 

 - 矯正中の恋愛