アラサーOLの裏側矯正ブログ♪

歯列矯正の日々。 矯正失敗…?なのか、最近は歯が崩れてきている日々です。 虫歯もできちゃいました。

ゴムかけを20日間続けた効果。

   

前回の調整時より前歯へのゴムかけの治療を続けています。
 
私はゴムかけの治療が苦手で、なかなかゴムかけを続けられていなかったのですが、今回は心を入れ替えてゴムかけを続けています。
 
 
 
 
前歯のゴムかけなので、口を開くと見えてしまうということもあり、なかなか日中は続けづらいのですが、それでも頑張っています。
 
ここでは、約20日間ゴムかけを続けて見えてきた効果について比較写真も合わせてご紹介します。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


前歯のゴムかけ。

前歯のゴムかけがスタートしてから、寝ている間だけではなく、昼間も含めてゴムかけを続けられるように努力しています。
 
 
前歯のゴムかけは、口を開くとゴムが外から見えてしまう可能性があるということと、ゴムのせいで喋りづらくなるという問題があるので、仕事をしながら続けるのは結構大変です。
 
それでも、ゴムかけをさぼってさまうと、せっかく動いた歯が戻ってしまう可能性もあるということで、できる限り続けられるように頑張っています。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


ゴムかけを続けた効果。

ゴムかけを約20日間続けた効果についてご紹介します。
 
 
歯の比較写真も合わせてご紹介します。
 
歯の写真があるので、閲覧注意です↓
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

まず、下から見た写真の比較です。

 

ゴムかけ開始当初の写真①
 
 
ゴムかけ開始10日後の写真。
 
 
ゴムかけ開始20日後の写真。
 
 
こうやって見比べると、歯の角度が若干改善されているように見えます。ゴムで下にひっぱられていることにより、歯の角度が下を向くようになっているのだと思います。
 
 
 
 
 
 
ゴムかけ開始当初の写真②。
 
 
ゴムかけ開始10日後の写真。
 
 
ゴムかけ開始20日後の写真。
 
 
この写真で見ても、若干ですが歯の角度が改善されているのが分かると思います。
 
 
 
 
そして、正面から見た写真です。前歯はやはり1本だけ目立ってしまっています。
 
 
 
ゴムかけ開始前の写真③。
 
 
ゴムかけ開始20日後の写真1。
 
ゴムかけ開始20日後の写真2。
 
 
 
次回の装置の調整の際に歯医者さんからどのように言われるかはわからないのですが、このゴムかけの頑張りのおかげで太いワイヤーが通るようになって、前に出てしまっている前歯の調整もできれば嬉しいなーと期待しているところです。
 
引き続き、矯正の治療を頑張っていきます。
 

 - 歯の写真